MENU

KINUJOドライヤーの口コミは?プロが実際使ってみた感想を伝えます

  • URLをコピーしました!
引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

今回は今話題の「KINUJOドライヤー」について実際使ってみた効果を、レビューしたいと思います。

みなさんは、今どんなドライヤーを使っていますか?

ドライヤーをみなさんが使う時に気になるのは「ドライヤーの風の強さ」「ドライヤーの軽さ

髪の痛みづらさ」このあたりではないでしょうか?

私も月に200名以上のお客様を施術しますので、この3点は特に気になる所です。

特にドライヤーに関しては、毎日使う物ですし、ドライヤーの種類も多い為、購入する際には悩んでしまいますよね。

そんな、みなさんにドライヤー選びに失敗して頂きたくないので、実際使ってみた感想を書いていきたいと思います。

ですので、すぐに購入しないでくださいね

値段も安くない商品ですので、最後までしっかり読んで、納得し理解してから購入を検討してみてくださいね。

「KINUJOドライヤー」を購入の検討をしている方や「KINUJOドライヤー」を知りたい方は、最後まで読んでみてください。

自己紹介

プロフィール
kazubo
  • 美容業界に20年以上勤務
  • 年間施術2000人以上
  • 髪質改善メニュー開発
  • ドライヤー30個以上使用
こんな事が書いてあります

・KINUJOドライヤーのメリット、デメリット

・KINUJOドライヤーの使用感

・KINUJOドライヤーの使い方

目次

KINUJOドライヤーの「3つのモード」

3つのモード搭載で、自宅でもサロン帰りの「艶感」「サラサラ感」を再現しやすいのが「KINUJOドライヤーの特徴の一つになります。

これらのモードを使いこなす事で、簡単に髪をコントロールする事ができます。

それでは、この3つのモードの説明をしていきたいと思います。

GROSSモード

最後の仕上げに使うのが、このGROSSモードになります。

艶を出しながらくせを伸ばす最適な温度、風量で毛先までまとまった仕上がりにしてくれるのが

「GROSSモード」になります。

GROSS

GROSS

全体が乾かせたら、ブローはGROSS MODEに。

艶をだしながら、くせを伸ばす最適な温度、風量で毛先までまとまるウルツヤ髪に。

SCULPモード

「SCULPモード」は温度が低く、極力髪を痛ませたく無い人に、オススメです。

カラーリングした髪を、熱によるキューティクルのダメージを抑えてくれますので、カラーリングの持ちを良くしてくれます。

細い髪の方もこちらのモードを使用する事で、オーバードライを防いでくれますので、パサつきも防いでくれる嬉しい機能です。

SCULP

SCULP

低温風設定で優しい風が、頭皮を保湿し、乱れがちな短い毛を抑えながら、キューティクルを引き締め、健康的な髪に導きます。

SWINGモード

「SWINGモード」では温風と冷風を自動で切り替えてくれます。

自分で髪を乾かしていると、どうしても同じ場所に熱が当たってしまい、ダメージを進行させてしまいます。

温風と冷風を自動で切り替えてくれる機能ですので、こう言ったダメージを軽減してくれる効果があります。

SWING

SWING

美容サロンの動きを、自動で再現。

KINUJO独自の技術「シルクセンシング」で温風と冷風を自動で切り替え、髪を熱ダメージから守ります。

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

\ KINUJO公式店舗はこちら/

KINUJOドライヤーの風量は?

ドライヤーは髪を乾かす物ですから、ドライヤーを選ぶ上では風量も大切ですよね。

毛量が多い人や、乾かす時間を短くしたい人は風量も気になる所ですので、調べてみました。

製品
風量/分
  • KINUJOドライヤー
  • ダイソンドライヤー
  • Panasonicナノケアドライヤー
  • SHARPドレープフロードライヤー
  • 2.2㎥/分
  • 2.4㎥/分
  • 1.3㎥/分
  • 1.2㎥/分

KINUJOドライヤーは、2.2㎥/分ですので、ドライヤーの風量としては合格レベルになります。

みなさん、忙しいし、乾かす時間は短い方が嬉しいですもんね。

KINUJOドライヤーの重さは?

ドライヤーは毎日使うし、長い時間使いますので、少しでも軽いのは嬉しいですよね。

そこで、ドライヤーの重さも調べてみました。

製品
重さ
  • KINUJOドライヤー
  • ダイソンドライヤー
  • Panasonicナノケアドライヤー
  • SHARPドレープフロードライヤー
  • 363g
  • 697g
  • 575g
  • 610g

KINUJOドライヤーは、軽さも魅力の一つですね。

持ち手がほぼ真ん中にある為、安定感があり持ちやすさも考えて作られている商品だと思います。

手が疲れにくいので、女性の方にも嬉しいですよね。

KINUJOドライヤーのメリット、デメリット

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

KINUJOドライヤーのメリット、デメリットを解説していきます。

KINUJOドライヤーのメリット

KINUJOドライヤーのメリット
  • 風量が強いため、早く髪が乾く
  • ドライヤーの中でも軽いため、疲れにくい 
  • デザイン性が高く、おしゃれ
  • 仕上がりの良さを実感できる
  • コンパクトで収納も優れている
  • ドライヤーが持ちやすく、使いやすい

ドライヤーに重要な「風量」「重さ」「痛みづらさ」は合格点だと思います。

乾かすスピードが早いことは、使う側にとってもメリットですね。

時間が掛からないことは、貴重な時間をキープできます。

そして「軽い」という事も、ドライヤー選びでは大切です。

人によっては長時間使いますので、疲れないという事はとても重要になってきます。

とにかく髪の多い人にとってみたら、髪を乾かすのはとても疲れる作業になります。

疲れてしまって、髪が生乾きの状態になってしまっていると、頭皮にも、髪にも良くありません。

その為、「疲れない」「早く乾く」という事はとても大切な要素になります。

KINUJOドライヤーはその辺りは、合格点だと思います。

KINUJOドライヤーのデメリット

KINUJOドライヤーのデメリット
  • 値段が安くは無い
  • 海外で使えない
  • KINUJO公式サイト、正規代理店で無いと1年保証が付かない
  • KINUJOドライヤーは、風量が強いので、くせが強い人や広がりやすい人は、コントロールが必要
  • 冷風ボタンの使い方が不便
  • 機能を最初に理解して使う必要がある

KINUJOドライヤーの良い所でもある「風量」ですが、逆に返すと「風量」が強い為、丁寧に乾かさないと、髪が広がってしまいます

くせが強い方や毛量が多い方は、特に丁寧に乾かす必要があります。

そして、嬉しい機能がある反面、最初に覚える必要があります。

難しくありませんが、知っておくと得られる効果が増えますので、最初にある程度理解しておきましょう。

この後、使い方の説明をしますので、参考にしてみてください。

そして、海外では使えないので、注意が必要です。

海外で使えませんので、旅行や出張などで使う予定の方は、購入してはいけません。

ドライヤーとしては、高額商品になりますので、購入する前にしっかり理解して、頂くことをお勧めします。

KINUJOドライヤーの上手な使い方

タオルドライ後、 まずは「強風」&「高温」

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

タオルでしっかり水分を取り、ブラシで髪の絡まりをほぐしましょう。

その後、ドライヤーを「強風」&「温風」設定にし、根元~中間までを中心に80%位乾かします。 (中風でもスピーディーに乾かすことができます。)

ほぼ乾いたら「GROSSモード」

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

「GROSS」MODEに変更し、毛先などを含めて全体をブローしながら100%乾かします。

前髪もこの時に乾かし、スタイリングするとうまくいきます。

仕上げに艶出しに「冷風」

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

髪が完全に乾いたら、最後に冷風スイッチを押しながら、頭頂部から毛先に向かって冷風を当てます。

この時にブローブラシなどを使うとよりウルツヤ髪に。

キューティクルが整い、艶が出てスタイルキープができます。

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

\ KINUJO公式店舗はこちら /

「くせ毛」や「毛量の多い」人の上手な乾かし方

KINUJOドライヤーを上手に使う為に、ちょっとしたコツを教えますね。

デメリットの所で書きましたが、「毛量の多い人」「くせ毛の人」は風量が強い為、丁寧に乾かさないと、広がってしまう可能性があります。

STEP
まずはしっかりタオルで水分を取る

特に根元、後頭部より下は髪の密度が高い為、しっかりタオルで水分を取り除きます。

STEP
後頭部下の髪の密度が多い所から乾かす

後頭部下の、髪の密度が高い所から乾かしましょう。そこから徐々に下にいき、襟足まで進んだら、サイドに移ります。

この時に全部乾かさずに「8割程度」乾かして「2割程度」水分を残しておきます。

STEP
ボリュームを抑えたい時は、上からドライヤーで抑える

根元が完全に乾いてしまうと、髪が固定されてしまいますので、同じ場所に熱が当たりすぎるとボリュームが出すぎて、広がってしまいます。

後ろとサイドに分けて、「後ろは3ブロック」「サイドは2ブロック」として考えて8割程度乾いたら次に進んでいきます。

この時は「GROSSモード」を使い全体を乾かし、8割程度全体が乾いたら「SWINGモード」に切り替えます。

この時、ドライヤーは上から当てる事で、広がりを抑える事ができます。

STEP
最後は「冷風」を当てる

最後は冷風を必ず当ててあげてください。冷風を当てる事で、キューティクルが整い、艶感が出て、手触りが抜群に良くなります。

最後の冷風はとても大切になりますので、忘れないようにお願いします。

STEP
ボタンの種類を覚えましょう

持ち手の上の長いボタンが、「冷風」です。

3つボタンがありますが、左から「温度設定」「モード切り替え」「風量設定」になっています。

「冷風」は押しっぱなしになりますので、ご注意を。

この3つのボタンを最初に覚えて、上手に使いこなしましょう。

気になるTwitterでの口コミは

まとめ

いかがだったでしょうか?

KINUJOドライヤーについて、まとめてみました。

KINUJOドライヤーの総合的な判断としては「合格点」だと思います。

軽量でスリムサイズ、風量も強いし、モード切り替えもあって、使用感も慣れたらとても使いやすい商品です。

値段は少々高めですが、それだけの価値はあると思います。

「手が疲れない」「軽い」「風量が強い」「髪に優しい」といったドライヤーに必要な要素は備わっています。

さらにデザイン性もあり、可愛い所も嬉しいところ。

ヘアケアは毎日の積み重ねになります。

毎日使う商品ですから、少しでも良い商品を使って頂きたいのが、美容師からの思いです。

今回のレビュー記事が、参考になれば幸いです。

最後になりますが、購入される方はKINUJO公式店舗で買うことを推奨しています。

KINUJO公式店舗で買わないと、1年保証が付きません。

そして、最近は類似品も出回っていますので、購入の際は気をつけてくださいね。

引用元:ビューティパークオフィシャルショップ

\ KINUJO公式店舗はこちら/

絹女 ~KINUJO~ ストレートアイロン

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

Fc2ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる