MENU

美髪を作る鍵は「髪の乾かし方」にあるんです

  • URLをコピーしました!

いつも読んで頂いてありがとうございます。

今回は「髪の乾かし方」についてお話したいと思います。

お風呂の後のドライヤーはちょっと面倒ですよね….

しかし、髪は濡れたままの状態だとキューティクルが開いたままになっているので、とても傷きやすい状態になっています。

キューティクルが開くと言う事はせっかくヘアケアを行っても外に流失しやすいので、なるべく早く髪を乾かす事が大切です。

キューティクルが開いた状態で起こる問題は…

キューティクルが開いていると…

・切れ毛、枝毛の原因になる

・髪に艶がなくなる

・髪にパサつきが出る

・髪の栄養が抜けやすい

このようなデメリットが沢山あるので、トリートメントをしても改善され無い人は、髪が濡れている時間が長いのが原因かもしれないので、なるべく早く乾かしてキューティクルを閉じてあげましょう。

髪が濡れた状態でいる、弊害はまだまだあるんです。

髪の正しい乾かし方、アウトバストリートメントの使い方を、お話していきたいと思います。

こんな人に読んでもらいたい

・最近頭皮の状態が気になる人

・頭皮の匂いが気になる人

・髪のダメージが気になる人

・髪の正しい乾かし方を知りたい人

目次

髪が濡れていると良くない事

お風呂の後のドライヤーはちょっと面倒ですよね。

「つい、髪を乾かさないまま寝ちゃった…」なんて方もいると思います。

しかし髪が濡れたまま寝てしまうと、朝の寝癖以外にも、沢山の悪影響が頭皮にも出てしまいます。

洗濯物の生乾きの独特な匂いありますよね。

あれって「雑菌」の匂いなんです。

洗濯物同様に頭皮も生乾きの状態だと雑菌が繁殖してしまいます。

さらに、雑菌の繁殖がもとで痒み、湿疹ができて頭皮環境が悪化して抜け毛の原因になったりもします。

女性の方で髪が濡れている状態で、化粧水や乳液をつけている方も気をつけてください。

背中に湿疹などができている方は、髪から流れ落ちた雫が首から背中に流れて、髪に付いているトリートメントの成分が残り

湿疹を起こしている可能性があります。

トリートメントの成分は油分やシリコンを含んでいる為、皮膚に着くと残りやすいです。

髪がロングの方は特に肌につきやすいので、肌が弱い方などは注意してください。

もちろん、トリートメントは頭皮につかないようにしてくださいね。

トリートメントは髪の毛に使うものですから。

基本のタオルドライ

ドライヤーの使用時間を短くするためには、ドライヤーを使う前に髪の水分をできるだけ少なくしておくことが大前提になります。

特に頭皮を良くタオルドライしてください。

根元は髪の密度が濃く水分も溜まりやすいですし、髪ついた水分は上から下に流れていきます。

ですから、根元をしっかりタオルドライしておくと乾かす時間が短くなりますよ。

髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んでポンポンとやさしく押さえ、水気をしっかり吸い取りましょう。

爪を立てたり、ゴシゴシこすったりすると頭皮や髪を傷めてしまうので特に優しく扱ってくださいね。

 ある程度水分が無くなったら、アウトバストリートメントをつけましょう。

アウトバストリートメントの付け方

アウトバストリートメントの付け方のポイントは中間から毛先にかけてつける事です。

なぜならトリートメントは髪を修復したり、保護してくれるものです。

痛んでいる所を中心に付けないと意味がありません。

長さにもよりますが、髪全体で痛んでいる場所は中間〜毛先です。

ここにトリートメントをしてあげてください。

頭皮にトリートメントはNGです。

アウトバストリートメントをつけたら目の荒いブラシで髪をとかします。

手でつけただけだと、ムラができてしまいます。

なるべく引っ張らないように気をつけてて優しくとかしてくだいね。

 

ドライヤーの正しい使い方

髪は熱に弱いのでドライヤーの使い方にも注意する必要があります。

ドライヤーをかける時は髪から15cm〜20cmほど開けて使いましょう。

ノズルが髪に近過ぎると、集中して風が当たって効率が悪いですし、髪に負担もかかってしまいます。

この時首を少し下げて風当ててあげると乾かしやすいです。

風は後頭部から当て、そのまま左右に行きながら、下に降ろして行きましょう。

特に後頭部から襟足にかけては髪の密度が高い為、念入りに乾かしていきます。

8割乾いたら、頭頂部に移ります。

頭頂部を乾かすポイントは、分け目を付けず、根元の髪を起こしながら乾かしましょう!

特にトップにボリュームを出したい方は、根元にしっかりと熱を当ててくださいね。

そして最後もとても重要です!

まだやるの?って思った方ももう少しだけ聞いてください!

最後に「冷風」を当ててください。

ドライヤーに冷風がついているのもこの為です。

最後にドライヤーを上から下に向かって冷風を当ててあげる事でキューティクルが整う事で髪に艶が出て、手触りがとても良くなるんです!

凄くないですか?

皆さんが欲しかった艶がこの、ひと手間で手に入りますよ。

やらない手はありませんので、是非実感してみてくださいね!

まとめ】

髪を乾かす作業は髪を洗うたびにやらなくてはなりませんので、本当に大変な作業になります。

美しい髪を保つ事は大変ですよね。

ただ、毎回行う作業ですので正しい乾かし方とコツを知っているだけでかなり効果が変わってきますので、今後のライフスタイルに役立てば幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

皆さんがハッピーで素敵な毎日を過ごせますように。

ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

Fc2ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる