MENU

男性と女性はなぜすれ違ってしまうのか?男性と女性の心理の違い

  • URLをコピーしました!

女性の心理が分からずに苦戦している男性はいませんか?

もちろん、男性心理が分からず、苦戦している女性も多いと思います。

みなさん経験あると思いますが、女性から「相談があるんだけど」と言われて、親身になって相談にのったのにも関わらず、女性が不機嫌になってしまった。

そんな経験ありませんか?

「相談があるというから、真剣に答えたのに….」と思う男性。

「私はただ、聞いてもらいだけなの!」と思う女性。

そんな男性と女性のすれ違いは、脳の仕組みから起きています。

過去にさかのぼります。

男性は「競争原理」にさらされていますので、常に獲物を取るために、合理的な思考をめぐらし、獲物の獲得方法や失敗方法など論理的思考で考えてきました。

一方女性は、男性が獲物を取る間、家を守る必要があるため、表面的にも女性同士仲良く振る舞い、お互いが共感し合っているスタンスを取ってきました。

こんな昔からの刷り込みによって、本能的に男性と女性は違うので、すれ違いは多くて当然です。

ですから、お互いの事をきちんと理解し、相手との歩み寄りが必要になってきます。

そんな、男性と女性のすれ違いや、どうしたら分かち合えるのかを、お話したいと思います。

こんな事が書いてあります

・男性と女性のすれ違いの原因

・男性が喜ぶ言葉

・女性が喜ぶセリフ

・恋愛感の男女の違いについて

目次

男性と女性の会話がすれ違いは脳の違いにある

女性は「結果」や「結論」よりも重視しているポイントがあります。

しかし男性は、「結果」「結論」を重視してしまう傾向にあります。

ですから、女性が男性に会話をしても、噛み合わない時ありませんか?

男性の会話とは「会話で問題を解決」する為のもの。そして「会話は要点を伝えるもの」。

女性の会話とは「協調や共感」を大事にするもの。そして「会話は気持ちを伝えるもの」。

このように男性と女性では、考え方が違います。

なぜこのように違いがでてくるのでしょうか?

男性の考え方

男性脳」はもともと狩猟本能があるので、「結果」や「結論」にこだわります。

狩猟は、獲物が得られたかどうかが、すべてだからです。

こんなことから、男性は原因や結果といった、物事を思考する習慣が身に付いている為、論理的に物事を考えてしまいます。

そして、獲物が得られなければ、「失敗」に終わります。

ですから、「失敗」した時や、「マイナスな言葉」、「嫌な出来事には」、めっぽう弱い傾向にあります。

女性が男性に「いつまでもクヨクヨするな!」っと言っても、なかなか立ち直れません。

女性の考え方

女性は男性が狩りに行っている間、集落で集団行動をしながら、家族や家を守っています。

女性同士の集団で、表面的に仲良く協力しあいながら、子育てや果実の収集を行うことが本能的に刷り込まれています。

表面的に取り留めのない話をしながら、共感し合う事で、仲間としての認識を共有するわけです。

そして女性は、男性に比べて非力ですから、暴力や争い事を望みません。

そんな女性に接する男性は、男性同士の時とスタンスを変えていかないと、女性から「脅威」にもたれてしまいます。

「脅威」は「安心」反対ですから、女性に嫌われます。

ですから、男性が女性に「威圧的」な態度や「攻撃的な言葉」は女性に好まれませんので、こう言う男性はモテません。

女性を「安心」させる言葉や、「共感して認め合う」言葉が女性は好むと言うことを男性は覚えておきましょう。

そして、態度で示すのではなく、言葉で伝えてあげることを、お忘れなく。

男性を惹きつける女性の会話術

男性も女性も、お互いの異性が喜ぶ事、嫌う事を理解していないと、なかなか上手くいきません。

男性は良く「沈黙思考」に入る時があります。

これは、男性がシングルタスク(一つのことしかできない)脳の働きによるものです。

つまり、考えごとをしている最中なんですよね。

そんな時は、ほっといてあげるべきで、

ねえねえ、なんで黙っているの?何か言いなさいよ。何考えているの?

などと言ってしまうと、ウザいだけで、男性から嫌われます。

こうした、男性の考え方を知っておかないと、なかなか男女は上手くいきません。

男性が言われて傷つく言葉

男性は単純なので、傷つくのも簡単です。

女性の言葉一つで簡単に、男性のメンタルを落とす事ができます。

男性は常に、女性を守りヒーローでありたいと心の中では思っています。

そんな時に女性に「傷つく言葉」を言われてしまうと、とても落ち込んでしまいます。

特に男性が言われて傷つく言葉はこちらです。

男性が言われて傷つく言葉❶

男性の無知を責める

  • 「なんでそんなこともわからないの?」
  • 「教養ないのね」
  • 「嘘でしょ。なんで理解できないの?」
  • 「そんなことも知らなかったの?」
男性が言われて傷つく言葉❷

男性の趣味をけなす

  • 「変な趣味」
  • 「幼稚な趣味ね」
  • 「バカみたい」
  • 「気持ち悪いんだけど」
男性が言われて傷つく言葉❸

男性の価値を否定する

  • 「気が小さいのね」
  • 「度胸がないのね」
  • 「器が小さいのね」
  • 「男らしくないのね」

男性は容姿に限らず、プライドがとても高い動物です。

これは、女性のみなさん覚えておいてください。

そして、「男性が言われて傷つく言葉」を女性から言われてしまうと、ショックで立ち直れません。

もちろん、プライドが高い男性ですので、表には見せませんが、心の中では泣いています。

少々面倒ですが、優しく扱ってあげてくださいね。

男性が言われて嬉しい言葉

先ほど、男性は単純と書きましたが、本当にその通りで、メンタルを落とすのも簡単ですが、メンタルを上げるのもとても簡単です。

男性は、「他の男性よりも優れていたい」と言うヒーロー思考の、小さなプライドをもっています。

女性から見たら、「なんじゃそれ」と言う小さな小さなプライドを、大事に抱えています。

ですから、そこを褒めてあげると男性は、とても喜びます。

男性が言われて嬉しい言葉❶

男性の博識を褒める

  • 「知らなかったわ。さすがね!」
  • 「凄く詳しいですね」
  • 「とても勉強になりました」
  • 「なんでも知っていて頼りになるわ」
男性が言われて嬉しい言葉❷

男性の趣味を褒める

  • 「凄く楽しそうですね」
  • 「素敵な趣味だわ」
  • 「カッコいいね」
  • 「私もやってみたいな」
男性が言われて嬉しい言葉❸

男性の価値を褒める

  • 「頭が良いね」
  • 「とても立派」
  • 「凄い人なんですね」
  • 「さすがですね」

このように、男性は「褒められる」ことに、とても弱い動物です。

褒められて嬉しくない男性は少ないと思います。

男性は「褒めて育てろ」とは良く言ったものです。

男性の扱いに慣れている女性は、会話の中に巧みに「男性を褒める」言葉を使います。

「仕事」「恋愛」「夫婦」「子育て」においても、男性は「褒めると喜ぶ」と知っています。

男性を惹きつけるには、「褒める言葉」を上手に使って手のひらの上で、転がして見てください。

女性が喜ぶセリフとは?

男性の「論理思考」に対して、女性は「共感思考」です。

そもそも男性は、褒めるのが苦手です。

男性はもともと、獲物や女性をめぐる上でライバル同士ですから、男性が男性を褒めることを好まない傾向にあります。

男性が同性を褒めると、相手が自分よりも上の存在になったような気がして、敗北感を感じてしまうからです。

その為、男性は褒めることに慣れていません。

だから女性を前にしても、ベタな褒め方しかできません。

「綺麗だね」「可愛いね」などを繰り返す男性が多いのはそのせいです。

男性は「視覚」に映るものストレートに表現してしまいます。

女性は言われて嬉しいものの「またかよ」「そこかよ」「知ってるわ」などと思ってしまうのも事実です。

視覚に映るものでは無く、心に感じたことを表現すべき

男性は「視覚」に映るものだけではなく、心に感じたことを表現すべきです。

なぜなら、女性の「共感」に響くからです。

女性が嬉しい共感の言葉
  • 「センスが良いね」
  • 「気が利くね」
  • 「一緒にいると楽しい」
  • 「今日のご飯すごく美味しいね」
  • 「あっ!髪型変わったね。とても似合ってる」

相手のことを良く見て、心に感じたことを表現することで、相手にも伝わります。

女性が喜ぶ褒め言葉を、男性が使うことで、女性を綺麗にさせる魔法の言葉にもなりますから、男性は上手に使いましょう。

特に「結婚している」「恋愛を長くしている」「職場に女性がいる」などの男性陣は、特に言葉足らずになりがちです。

・美容室に行って来た女性に対して

「ロングスタイルも良かったけど、ショートスタイルも素敵だね!とても似合っているよ」

・出かけ時の妻や彼女の服装を見て

「その服可愛いね!とても似合っているよ」

・飲み会や同窓会の後に

「やっぱり、君が一番可愛いよ」

・子供に

「ママって他のお母さんと比べて綺麗だろう」

このような上手な褒め言葉は、女性を綺麗にさせる魔法の言葉でもありますし、女性が「いつまでも若くいよう」「常に綺麗でいよう」という潜在意識まで浸透していきます。

女性への「美への賞賛」は忘れてはいけません。

恋愛について男女の考え方の違い

男性と女性では、恋愛面においては、どんなことが違うのでしょうか?

恋人が何を考えているか、さっぱりわからない」って思っている人いませんか?

そもそも男性、女性の脳の仕組みや考え方が違うので、すれ違いは当然起こります。

しかし、理由を知ることで、お互い歩み寄ることができてきますので、是非知っておいてくださいね。

男性の愛情表現は?

恋人と付き合っている過程で、愛情を感じることがあると、思います。

しかし、男性と女性では愛情の感じ方が異なります。

男性は、頻繁に愛を伝えるのではなく、誕生日や記念日などに、大きな愛情表現をしようとします。

何度も愛情表現をするのではなく、一度にインパクトの大きい愛情表現する傾向にあります。

高級なブランド品や、アクセサリーなどをプレゼントで送りたがるのも、インパクトを与えて愛情表現しているからです。

「こんな高級品をあなたに送る」「こんな高級レストランで食事をさせてあげたい」など、「これだけあなたに尽くしています」という愛情表現なのです。

もちろん見栄張りな男性ですから、「俺はこんなに経済力もあって凄いんだぞ」というアピールでもあるんですけどね。

女性の愛情表現は?

女性は常に「愛の温度」を測っています。

愛情を毎日確認しています。

ですから、毎日の積み重ねが大切になってきます。

どれだけの回数を愛されてきたかで、幸福度も変わってきます。

記念日に素敵なプレゼントは、あたり前ですが、何でもない日にお花をプレゼントしたり、ケーキなどを彼女の為に買ってあげることで、「毎日愛されている」という実感が欲しいのです。

愛を積み重ねていくことは、女性の安心感にもつながってきます。

いつまで変わらない愛情を示してあげることで、幸福感を味わっていますので、女性にはコツコツと愛情を積み重ねて行く事が大切ですね。

恋人との情報伝達の違い

恋人同士なら毎日連絡したいですよね。

しかし、男性と女性は情報伝達の考え方に違いがあります。

男性は、用事があったり連絡事項がある時に、連絡しようとします。

しかし、女性は常に情報が知りたくて、「今どんな状況か?」確認しておきたいのが女性です。

女性は連絡してくる回数で、幸せを確認しています。

時間が空いたら「自分のことを考えて欲しい」という女性の思いが込められています。

そして愛の温度を測りながら、コミニケーションを取っています。

一方の男性は、「要件がある時に連絡はするもの」と捉えている為、連絡を取る事をコミニケーションだとは、思っていません。

考えを表現するのが、苦手な男性ですから、文字にして表現するのも同じように苦手です。

女性が「なんで連絡してくれないの?」と言っても男性は「連絡事項がないから」などと平気で思っています。

この辺りはお互いがコミニケーションを取り、理解しあいながら、歩み寄る必要があるかもしれませんね。

電話占いヴェルニ

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

Fc2ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる