MENU

美容師アシスタント時代から「売れる美容師」の共通点を身に付ける

  • URLをコピーしました!

今回は、「美容師アシスタント時代から「売れる美容師」の共通点を身に付ける方法を、お話したいと思います。

アシスタント時代に「売れる為にはどうするか?」と言う考え方は、常に考えておく必要があります。

スタイリストデビューした時にお客様がすぐ着くように、準備しておきましょう。

とは言っても、どうして良いのか、わからないですよね。

今は技術をとにかく磨くことが大切です。

それ以外に普段のサロンワークの中で、できる視点の磨き方をお話しますね。

結論から言うと、「売れているスタイリストの真似をする」と言う事です。

例えば、カウンセリングをしている時に、お客様と何を話しているのか?

店販商品が売れているスタイリストは、どんな話をしているのか?

そもそも売れているスタイリストの共通点は?

こんな話をしたいと思います。

これは、サロンワーク中に観察する事できますので、売れているスタイリストが、行なっている事を日頃からチェックして、自分がスタイリストデビューした時に、活かせるように準備しておきましょう。

まずは自己紹介から

プロフィール
kazubo
  • 美容業界に20年以上勤務
  • 美容歴3年で技術売上100万円突破
  • 美容歴3年目で店長就任
  • 10年目で取締役就任
こんな人に読んでもらいたい

・アシスタント時代に身につけておきたいスキルを知りたい

・スタイリストデビューしたら売上を早くあげたい

・売れるスタイリストになりたい

目次

売れているスタイリストを観察する

Asian professional female stylist cutting woman’s hair in salon. The woman hairdresser using scissors cut the young girl sitting in the shop looking at mirror with smile. Beauty salon business concept

アシスタントの皆さんは、尊敬できるスタイリストがいますか?

例えば、

尊敬できるスタイリスト
  • とにかく技術が上手
  • 接客が上手
  • 教え方が上手い
  • いつも笑顔
  • プロ意識が高い

など、人によって違いはありますが、尊敬できるスタイリストがいる事はとても良い事です。

自分が目標としてどこを目指すのか、指標になりますよね。

今はとにかく、尊敬できるスタイリストや、売れているスタイリスト真似をする事が大切です。

お客様に喜ばれる何かを持っているのですよね。

これはアシスタントがこの先、売れるスタイリストになる為には、とても重要ですよ。

どんなに、優れた技術を持っていても、発揮する場がないと、意味がありません

結果が全てのこの世界ですから、どんなにトレーニングしても、頑張ったとしても結果がでないと認めてはもらえません。

自分が商品として価値を上げていく為にはどうしたら、良いでしょうか?

まずは、自分の考えや、個性を置いといて、売れているスタイリストの真似をしましょう。

どこを見るのかと言うと

売れているスタイリストの共通点
  • 清潔感がある
  • 表情が豊かである
  • いつでも感情が穏やか
  • お客様に似合うスタイルが提供できている
  • スピード感があり、仕事が丁寧
  • 人の話を聞ける
  • お客様に提案ができる
  • 自信があるように見える
  • 挨拶がきちんとできる
  • 感謝を言葉で伝えられる

他にもたくさんあると思います。

技術的な部分は、キャリアが無いからできないとしても、今からでもできる事ありそうですよね。

この辺りを真似してみると良いですよ。

急にはできないので、今からコツコツと、意識して真似しておきましょう。

スタイリストデビューしてから、必ず役に立つはずです。

売れているスタイリストの商品の売り方

A female hairdresser is giving advice about hairstyle to customer. The owner and the customer are wearing protective face masks for illness prevention.

美容サロンには、沢山の商品が陳列されていますよね。

今はアシスタントにも、商品販売力が求められている、サロンも多いのではないでしょうか。

アシスタントの人も、サロンから「店販商品をお客様に勧めて」なんて言われてる人も、いるのではないですか?

店販商品にお客様に勧めるの苦手」と思っている人も、多いと思います。

私も実はその1人です。

私はスタイリストになってからも、店販商品をお客様に勧めるのが、苦手でした。

色々な感情が入ってしまうんですよね。

でも立場的に売上を上げなければいけない立場だったので、考えました。

店販が、売れているスタッフを観察してみようと。

そしたら、あったんですよ、共通点が。

商品説明をしない

1つは、商品説明しない。

「はっ?」て思いますよね。

シャンプーなどの商品を扱う時に、ディーラー、メーカーから、内容成分の話や効果などの聞きますよね。

「このシャンプーは、アミノ酸系界面活性剤が主成分で…..」とか言う説明。

あれを、一切お客様に伝えないですよ

何を話ているのかと言うと、「これ使うとサラサラになるよ」「朝のスタイリングが楽になるよ」そんなんばかりです。

何が言いたいかと言うと「体験談」しか話していないんです。

TVのCMみたいに。

もちろん、お客様に聞かれた時は答えますけど、実際はあまり聞かないお客様が多いです。

お客様が知りたい情報は、「自分がこの商品を使ったら、どんな良い効果があるのか?」なんですよね。

商品を売るのが、上手なスタイリストは、この方法やっているから、良く観察してみてね。

キャンペーンをお客様に勧めない

2つ目は「キャンペーンを売らない」事です。

よくサロンで「今ならなんと、20%OFF」みたいなキャンペーンやっていませんか?

あれで、興味のないお客様に、商品を勧めるのは良くないです。

なぜかと言うと、「自分がされたらどうなのか?」考えれば良くわかると思います。

いきなりショップに行って、欲しくもない「この洗濯機、今なら20%OFFで買えるのですがいかがですか?」って言われても買いませんよね。

でも売りたいがあまりに、これをやっているスタッフが多いんですよね。

今、新商品のシャンプーが20%OFFで買えるキャンペーンやっているのですが1本どうですか?

これみていつも思うのですが、それでは売れません

これでは、先ほどの「洗濯機買いませんか?」と同じです。

ではどうすれば良いか?

「いきなり、キャンペーンの商品を売るのではなく、まずはお客様に欲しい商品を聞く」ということです。

キャンペーン商品を売りたいのは、サロンの都合であって、お客様のニーズではありません。

それを無視して、売ろうとしても、売れないし、お客様にも嫌われてしまいます。

売れるスタイリストはどう聞くか?

最近髪のお悩みありませんか?

最近、髪がパサパサで痛みを感じています。朝も広がってしまって大変です。

それは大変ですね。シャンプーとトリートメントを変えてあげると、髪に潤いが出て朝のスタイリングが楽になりますよ。今使っているシャンプーが切れたら使ってみると良いですよ!

へぇー、そうなんだ!今、そのシャンプーとトリートメントある?

この会話の中に、キャンペーンの話は一切でてきません

でもお客様は、この後シャンプーとトリートメントを購入して頂きました。

なぜだと思いますか?

お客様の欲しい商品を一緒に探して、「こんな商品を使うと良いですよ」ってご案内しただけなんです。

そしたら、「そんな私の悩みを解決してくれるアイテムあるんだったら、早く言ってよ!」ってなるわけです。

アシスタントの皆さんは、これを必ず覚えておいてね。

技術メニューをおすすめしたい時にも使えますから。

売れているスタイリストは、必ずやっているから、良く観察してみてね。

売れているスタイリストは悩みにフォーカスする

A female hairdresser is giving advice about hairstyle to customer. The owner and the customer are wearing protective face masks for illness prevention.

先ほどの商品の所でも書きましたが、売れているスタイリストは、「お客様の悩みにフォーカス」しています。

フォーカスとは「集中」「焦点」と意味ですが、ここに目を向けています。

カウンセリングの時に必ず聞いて、その悩みを改善しています。

例えば

最近スタイリングで、やりづらい所はありませんか?

最近トップのボリュームがなくなって、ペタンこになってしまうんですよね。

なるほど。そうしたら、トップを短くして、部分的に弱めなパーマをかけましょう。

わぁ!そうしたら、トップにボリュームも出て、時間が経っても大丈夫そうね!

このように、お客様の悩みを解決してあげています。

アシスタントの人がモデルさんを呼んでトレーニングする時も、課題はあるにしても、カウンセリングの時は必ず聞くようにしましょう。

例えば、一色染めの、ワンメイクのトレーニングがあったとします。

現在の明るさは、10LVです。

そしてカウンセリングを行います。

髪の色がすぐに抜けてしまうので、暗い色にしたい」とモデルさんは言っています。

この悩みの中にも、原因がいくつか隠れています。

カラーの色がすぐに落ちてしまう悩み
  • 使っているシャンプーの洗浄力が強くて、色落ちしている
  • もともとのアンダーベースが明るい
  • 色が落ちやすいカラーを選んでいる
  • ダメージレベルが高い
  • アイロンなどを毎日使用している
  • 髪を乾かさない

この他にも原因があると思いますが、カウンセリングの時に改善策を考えないといけません。

この時にこのモデルさんが、何に悩んでいるか?どうしたら改善できるか?を紐解いていきましょう。

このケースでは大きく分けて2つ考えられます。

「そもそも明るい色が好きだけど、色がすぐに落ちてしまうのが悩み」

「暗い色が好きだけど、すぐに落ちてしまうのが悩み」

この2つの悩みだけでも、技術的なアプローチが変わってきます。

そしてカラーの仕上がりも変えてあげる必要があります。

明るい色が好きだけど、色がすぐ落ちてしまうのが悩み

もともと明るい髪の色が好きな人に、暗い仕上がりにしてしまうと、お客様は喜んではくれません。

寒色系の色にするならば、なおさらです。

仕上がりのイメージを事前に説明して、「寒色系の色は暗く見えてしまうのですが、大丈夫?」などきちんと説明してあげましょう。

そして、色のデメリットも伝えます。

そして雑誌や映像できちんとビジュアルで確認します。

その時はだいたい、こちらが思っているより明るい色を選ぶケースが多いです。

「暗くしたい」と言っても、人によって違いますからね。

そうは、言っても、もともと「明るい色が好み」ですので、少し明るく仕上げるのがポイントです

10LV→8LVにして、シャンプーやトリートメントでケアしてもらい、アイロンや髪を乾かしを教えてあげてください。

暗い色が好きだけど、色がすぐ落ちてしまう悩み

この場合考えられるのが、もともとアンダーベースが明るく、痛んでいて色が抜けてしまっているケースが多いです。

カウンセリングの時に過去の履歴を良く聞いてみましょう。

とにかくダメージしている可能性が高いので、前処理をしっかり行い、カラーのアルカリ度も4.5%〜3%まで下げて行います。

もし、色が暗い状態を保ちたければ、10LV→6LVまで下げても良いと思います。

モデルさんに雑誌や映像で仕上がりの色を確認して、共有しましょう。

そしてから、シャンプー、トリートメントでケアしてもらい、アイロンの使い方や乾かし方を教えてあげましょう。

モデルさんの悩みを読み解いてあげる

「髪の色がすぐに抜けてしまうので、暗い色にしたい」という悩みだけでも、カウンセリングでどう判断するかによって、アプローチが変わってくる事が理解できたと思います。

この2つのケースを見ただけでも、アプローチ方法が変わってきます。

まずは、良く話を聞く。

悩みが何かを確認する。

雑誌や映像で具体的にビジュアルで確認する。

技術的アプローチを考える。

悩みの改善策を伝える。

仕上がりのイメージを共有する。

この辺りが重要かと思います。

今回はかなり大雑把にお話しましたが、お客様にはありとあらゆる、悩みがあります。

そこに焦点を当ててあげないと、お客様の悩みを改善する事ができません。

悩みを改善してあげないと、リピートしてもらう確率が下がりますので、アシスタントの時から心がけてくださいね。

ドライヤー468×120

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

Fc2ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる