MENU

お客様から「選ばれる美容師」になる為に必要なこと

  • URLをコピーしました!

今回はお客様から「選ばれる美容師」になる為に必要なことを、お話したいと思います。

現在美容室の数は、25万件を越えて、過去最高と言われています。

そして美容師の数も53万人以上いるのが現状です。

しかも、日本の人口は減少しています。

競争は以前にも増して、激しくなってきています。

以前よりも売り上げが落ち、お客様の数も減ってしまい悩んではいませんか?

しかし、この激しい競争の中でも、売り上げもあがり続け、客数も増え続ける美容師もいます。

お客様から「選ばれる美容師」と「選ばれない美容師」は何が違うと思いますか?

結論から言うとお客様から「信用」「信頼」が得られているか?

そして美容師自身のアップデートが常に行われているかだと、私は思っています。

ここで言うお客様の「信用」「信頼」そして「美容師自身のアップデート」について詳しく説明していきたいと思います。

その前に自己紹介

プロフィール
kazubo
  • 美容業界に20年以上勤務
  • 美容師歴3年で技術売上100万円突破
  • 美容師歴3年目で店長に就任
  • 10年目で取締役就任
こんな内容になっています

・お客様が、あなたから商品を買う動機とは

・お客様に「もう一度あなたに切ってもらいたい」と思ってもらうには

・お客様から「選ばれる美容師」になる為にはどうしたら良いか?

目次

となりの美容師も同じ商品を扱っている

Ombre bob short hairstyle. Beautiful hair coloring woman. Fashion Trendy haircut. Blond model with short shiny hairstyle. Concept Coloring Hair. Beauty Salon.

カラーの薬も今はとても進化しています。

イルミナカラー、オルディーブ、プロマスターなど、どれをとってもトップクラスです。

皆さんのサロンでも、使っている人もいるか思います。

しかし、となりのサロンでも、同じ薬を使っているかも知れません。

例えば、同じイルミナカラーの8LVの薬を使い、同じお客様に染めたとしたら、となりのサロンと仕上がりの違いは、どこにありますか?

基本通り染めて、同じ時間をおいて、同じ薬を使ったら、そうそう変わりはないはずです。

そこでお客様に「あなたのサロンで染めてもらう」動機が必要になってきます。

店販商品も同じです。

となりのサロンで、オージュアやケラスターゼを扱っていて、あなたのサロンでも同じ商品を扱っていたとします。

お客様からしてみれば、同じ商品ですから、どこで買っても同じですよね。

この店販商品を、お客様が「あなたから買う」という動機が必要になってきます。

何が必要だと思いますか?

「何を買う」かが重要ではなく、「誰から買う」のかが重要になってきます

あなたから商品を買う動機とは?

「あなたから商品を買いたい」「あなたの技術にお金を払いたい」とお客様に思って頂く必要があります。

それは、「信頼」と「信用」です。

あなたが勧めてくれたから」「あなたが言うのであれば間違いない」とお客様が感じてくれたら、あなたから、商品を買ってくれます。

では、「信頼」「信用」をお客様から得る為には何が必要だと思いますか?

「信頼」とは信じて頼りにする事。頼りになると信じる事。

信用」とは、確かなものと、信じて受け入れる事。それまでの行動や実績で信頼できると判断する事。

信用」は実績

信頼」は人柄

つまり、この2つが「あなたから商品を買う」お客様の動機になります。

「信用」「信頼」は積み重ねで、できてきます。

日頃からこの2つの事を意識しておく事が、お客様の購入動機に繋がります。

あなたの商品は「技術」と「店販商品」「あなた」になります。

「信用」と「信頼」をお客様から得られるように、日々心がけましょう。

どの美容師が切っても仕上がりは同じ?

Professional hairdresser combing with a comb short pink hair. Hair salon. Woman hairdo. Close up. Copy space

カウンセリングは皆さんどうしていますか?

忙しい中、短い時間でカウンセリングを行うのは、とても大変ですよね。

確認すべき項目を聞いて、カウンセリングを進めていると思います。

例えばご新規様のカウンセリングでは

今日はどのようなスタイルをご希望ですか?

今日は、首が少し隠れるくらいのボブにしたいです。

かしこまりました。今より5cm切って首が少し隠れるくらいのボブに切りますね。

お願いします。

このような、カウンセリングの時にお客様とのやり取りはありませんか?

そして、シャンプーをして、カットがはじまり、何気ない会話をして、仕上がりました。

いかがでしょうか?5cm切って首も少し隠れるボブにしてみました。

ありがとうございます。大丈夫です。

また、宜しかったら来てくださいね。

ありがとうございました。

お客様も要望通りのスタイルになり、帰られました。

一見、何も問題のないやり取りに見えますよね。

しかし、ご新規様の平均リピート率はどのくらいか知っていますか?

90日以内の新規リピート率は、約30%〜35%と言われています。

10人新規のお客様が来たら、3人〜3.5人しか再来店してはくれません。

なぜこのような数字になってしまうのでしょうか?

お客様が、「もう一度あのサロンに行きたい」と思わなかったから、ではないでしょうか?

切ってもらうのは、あなたでなくても良い

では、「もう一度あなたに切ってもらいたい」と思ってもらう為には、どうしたら良いでしょうか?

先ほど、ご新規様のカウンセリングから、仕上がりまでの過程をざっくり見てもらいましたが、このやり取りでは、リピート率35%のままです。

お客様からしてみたら、「あなたでなくても良い」のです。

お客様は技術の事は、わかりませんから、「どの美容師が切っても仕上がりは同じ」と思っている人も多いと思います。

例えば「ゆるめに巻いたボブスタイル」

スタイリストからしてみれば、ワンレングスに切って、表面にレイヤーを入れて、毛量を整えて、大きなカールアイロンで巻いてあげる。

基本的な技術を持っているスタイリストであれば、ほとんどのスタイリストが、可愛くできるスタイルですよね。

さらに、フリーペーパーやSMSで掲載されているデザインも似たようなスタイルが、多いのも現状だと思います。

これでは切ってもらうのも、「あなたでなくても良い」になってしまいます。

もちろんお客様のニーズに応えるのは、プロとしてはあたり前です。

お金を頂いているのですから。

でも、周りのスタイリストと、同じことをしていても、お客様から「もう一度あなたに切ってもらいたい」という動機には、結びつきません。

ではどうしたら良いと思いますか?

「もう一度あなたに切ってもらいたい」と思ってもらう

「信用」と「信頼」のお話を先ほどしましたが、ここで必要なのは「信頼」です。

「信用」はお客様のニーズに応えて満足のできるスタイルを作ること。

いわば、「技術の信用」ですよね。

「信頼」はあなた自身になります。

「あなたにもう一度切ってもらいたい」と思ってもらうには、あなた自身の「信頼という力」が必要になります。

お客様の為に思い込めてデザインを作る

ヘアスタイルを作るという「作業」になってはいませんか?

多くのお客様をこなす為にスピードは大切です。

お客様も、サロンの滞在時間は短い方が良いですし、サロン側も回転率が高い方が助かります。

作業スピードは、必要ですが、「作業内容」に問題があります

作業とは「どうやって効率的に短時間で、目的を達成できるか」にあります。

しかしこの作業の中には、「仕事」という概念が含まれていません。

言われた通りにこなす事は、「仕事」とは言えず、「作業」にすぎません。

最低限、「作業」をきっちりこなす事は、大切ですが、それだけでは本当の意味での価値が生まれているとは言えません。

仕事」には相手に価値を提供して、喜んでもらう「思い」が込められています。

「思い」は、目には見えませんが、「思いやり」は「相手の立場にたち、相手の気持ちを大事にしながら行動する」事によって相手に映るようになります。

例えば

「前髪を切ってください」と言われたら、「可愛い感じ」に見せたいか、「クールな感じ」見せたいか聞いてあげる。

可愛い感じが好きなら、少し重ためな、ラウンド状に切ってあげる。

クールな感じにしたければ、前髪を長めに切って流してあげる。

このスタイルの後は、どういうスタイルにする予定なのか?「伸ばし行きたい」のか?「この長さをキープしていきたい」のか?

伸ばしていきたいのであれば、レイヤーの位置を下げて、短く切り過ぎないようにする。

長さをキープしていくのであれば、スタイルが持つように、長さをコントロールしてあげる。

自宅に戻ってから、スタイリングは上手くできているのか?

アイロンを毎日使っているのであれば、使い方を改めて教えてあげる。

スタイリング剤をつけるので、あれば付け方をしっかり教えてあげる。

など、このように具体的なアクションを起こす事で、お客様に「あなたの髪に責任を持って、ずっと接していきたい」という思いが少しでも伝わるのではないでしょうか。

こう言った一声をかけてあげて、少しでもお客様のお役に立てるように、自分の持っている技術をお客様に提供できれば、「私のことを真剣に考えてくれている」とお客様も思ってくれると思います。

こう言った短い時間の中での「思い」の積み重ねが「もう一度あなたに切ってもらいたい」というお客様への動機に繋がって行くのだと思います。

お客様はあなたの恋人だと思い、喜んでもらえる為に何が必要かを、考え続けることが、リピートに結びつくのかもしれませんね。

美容師として、あなたの武器はなんですか?

Hairdresser cutting client’s hair in salon with electric razor closeup

あなたが今持っている武器はなんですか?

現在美容室の数は、25万件を越えて、過去最高と言われています。

そして美容師の数も53万人以上いるのが現状です。

しかも、日本の人口は減少しています。

美容師は、この中で戦っていかなければなりません。

この中で戦っていくためには、自分の武器が必要になってきます。

「技術」なのか「人間力」なのか。

答えはどちらも必要です。

今の時代は「フリーランス美容師」「個人経営のオーナー兼スタイリスト」など昔と違う美容師の形態が増えています。

個人の力で現状を乗り越えていく必要があります。

昔は「美容室」にお客様は足を運んでいましたが、現在は「美容師」に足を運ぶ人も多いと思います。

この現状の中でお客様から「選ばれる美容師」になる為にはどういう「技術」や「人間力」を持たなければいけないのでしょうか?

選ばれる美容師になる為には

選ばれる美容師になる為には、常に「アップデート」していかなければなりません。

技術のアップデートには、カラー剤やパーマ液の薬品知識や、シャンプー、トリートメント、整髪料に至るまで、全て含まれています。

そして、常にお客様よりも先にアップデートしていなければなりません。

今はTwitterやInstagramで検索すれば、なんでも最新情報が手に入ります。

これは、美容師もお客様も同じスピードで手に入る時代になっています。

ですから、商品提供する側の美容師が、お客様より先に色々な情報を把握して、お客様に提供していかなければなりません。

月に200万以上売り上げのあるスタイリストは良いとしても、月に100万以下の売り上げの人は「アップデート」を常に行なっていないと周りの美容師には勝てません。

アップデートを行い、今の時代に合わせた技術をお客様に提供できる事も、「お客様に選ばれる美容師」の条件でもあります。

そして立派なあなたの武器の一つになります。

もちろん最大の武器はカットだと思います。

カットの技術は美容師が覚える技術の中で、一番難しい技術だと私は思っています。

そして、「美容師に、一番必要な技術は何?」と聞かれたらカットと答えます。

これは自分にしかない武器になるからです。

しかし、取得する為には、時間もキャリアも必要になってきます。

それでも戦わなくてはいけませんので、それを埋める為には「アップデート」して最新の薬品を使いこなしながら、お客様に提供していく必要があります。

このアップデートは、カットほど時間もかからずに、お客様に提供できます。

常に自分の今現在の、武器はなんだろう?と考えながら強化していかなければなりません。

美容師は「ドラゴンクエスト」というロールプレイングゲームによく似ています。

自分のレベルをコツコツあげながら、成長していきます。

行動をやめない限りは、成長してくれます。

自分が行動しなくなってしまうと、成長が止まってしまいます。

行動を止めないように、常に情報をアップデートしながら、お客様から選ばれる美容師になりましょう。

ドライヤー468×120

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

Fc2ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる